2016年02月20日

ウルツさん、μ'sの足跡を辿る。(さいたま新都心、幕張編)

さてさて、先日書きましたμ'sの足跡を辿る旅の続きとなります。
順に読みたい方はコチラをお先にどうぞ。

次の目的地であるさいたま新都心に向かうために横浜駅から高崎線直通湘南新宿ラインに乗ったわけですけど、一本様子を見たら普通車だと結構混み合っていたのでちょっと距離が長いので立って行くのはなぁ…ってことで人生で初めてグリーン券を買いました。
…快適すぎましたね…。
朝早く出たので疲れも出て一眠りしてるうちに1時間ほどでさいたま新都心へ。
言うまでもなく、μ'sにとっては「μ's→NEXT LoveLive! 2014~ENDLESS PARADE~」と「μ's Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~」の会場でした。
他にもアニサマなどたくさんの思い出がこの場所にはあります。
DSC_1634.JPG
この日も何かしらイベントがあったようで会場の向かって右側になにやら行列ができていました。
DSC_1636.JPG
同じ日に見て回るとパシフィコ横浜に比べても圧倒的に大きな会場なのが実感できました。
この年がとんでもないジャンプアップを果たした飛躍のときだとあらためてわかります。

さて、まずは4thライブのTシャツとタオル
※日記を書いた時点で4thと5thのTシャツとタオル互い違いになってるのに気づきました…
DSC_1641.JPG
今回の旅行では普段ライブではゆっくりこういうの撮ってる暇ないので会場とタオルとTシャツを並べた写真を残したかったんです。

4thが誰にも強烈に記憶に残っていたのはやはり「雪」でしょう。
それも例年にないレベルの大豪雪で、会場に行けても今度は帰る手段がない方も多く、とんでもないことになりました。
その後、2期が始まると9話で例の大雪回があって「すげぇぜラブライブ!あの天気も作品に落とし込んでくるのかよ!」って皆が思っていたら、実は9話の収録をしたのは4thライブの前で、作品に天気を落とし込んでいたんじゃなく天気が作品に予言されていたというすごいめぐりあわせでわけのわからない結果でした。

このライブからは大きな会場ならではの多数のステージギミックが採用され、大階段、早すぎるえみつん自転車やりんまきバズーカなどエンターテイメント性がぐっと上がりました。
「硝子の花園」の黄色い歓声は本当にすごかったですねw
メンバーの中にはかなりキツめのテーピングをしてる人がいたりして、会場の大きさに合わせて大きな動きを要求され、どれだけそれまでのライブの比ではない練習をしてきたが伺えました。
そんな中で、ライブで一番印象的だったのは個人的には「ラブレスワールド」の音ズレのときでしょうか。
かなり激しく音ズレしてる中、観客もメンバーもとまどい会場がざわつく中、楠田さんがセンターになるポイントでタイミングを合わせて音を合わせる咄嗟の修正に逆に会場のボルテージは一層上がりました。
このライブまでに楠田さんはもちろんメンバーやスタッフがどれだけ準備をしてきていたか、そういった点でもわかりました。
内田さんも、より作品とのシンクロを見せるために頭皮の痛みと戦ってことりカラー、ことりヘアーを地毛でやるというとんでもないプロ根性を見せたのもこの会場でした。
内田さんの自分の演じたキャラクター、作品への意識の高さが多くの人に印象付けられたと思います。
また、本気度がわかる最たるものとして、Pileさんのブログに上がっていた手書きのお手紙貼っておきます。
一緒に3rdのときのお手紙も一緒に

そして、5thライブ
DSC_1639.JPG
2期が終了し劇場版が発表され、過去最大の規模と最高数のLV会場での開催。それでももはやキャパシティを越えてしまっている感もありました。
たった400枚のCDから、たった100人のイベントから始まった企画がここまで来たのです。

このライブでは、それまでのライブの全てを注ぎ込んでさらに強力な演出を加えた結果、見終わった後これは夢だったのではないのかという錯覚を覚えたのを強烈に覚えています。終了後、会場を出てもフワフワした感覚だったのは初めてです。

1日目で完璧ともいえるパフォーマンスを見せた上で、2日目には大幅にセットリストを変更した上で隠し玉としてキラキラセンセーションからのアンコールで「僕らは今の中で」をアニメ同様歌い、そのときの衣裳が僕今衣裳だった瞬間僕はもう、涙を流し、サイリュームは音にあわせて身体が動いてるだけの状態になっていました。
なにせ、今では「僕今衣裳」と呼ばれているあの衣裳の原型は1stライブのときキービジュアルをイメージして作られたものなのですから。
幸運にも最初のライブから応援できた人間にとってはそれこそこれが原点回帰。今この日記を書いているだけでも思い出して涙が出てきます。

そして、ダブルアンコールでの「Oh, Love & Peace!」。
トロッコに乗って会場を回って歌っていたのですが、そのサビのところでちょうど関係者席に向いて踊る箇所があったんです。私の位置はちょうど彼女たちの背中からそれを見るかたちだったのですが、その姿がまるで彼女たちを支えてくれた人たちに「私たち、こんなに大きくなったんだよ」と報告しているように見えて、また私は泣いていました。

また、これは5thを見た人は感じたと思うのですが、メンバーから尋常ならぬ思い入れと鬼気迫るものが感じられたと思うのです。それはライブ後に発表された新田さんのノドの不調や南條さんの脚の状況を知る前から。
ライブの以前から顔を出す機会があるたびに明らかに顔に疲れが出てきていたりしてたのもこのライブにかけた練習量の増大のせいだったんだとあとから見ればわかります。

まるで命を燃やすような力の入れ方で我々に見せてくれたライブ、忘れることなんてできません。

それから5thでは個人的な印象として、それまで舞台上では感情の大きな起伏を見せることの少なかった三森さんが心底楽しそうだったなと感じました。特に新田さんと目配せするときの嬉しそうな感じは、同じデビュー作から一緒に頑張ってきた「戦友」としての表情だったように思います。
ソロデビューなどを経て、自身が「演じることを求められる役者」だけでなく「自信の魅力で客をひきつけられる存在」であることの自覚ができたりしたのもそういった表情の自然さに繋がったのかもしれません(これはあくまで主観ですが)。

(この前後から新田さんの三森さんへの「すず」呼びが無意識なのかポロリすることが多くなっていたのも、なんかその…いいですよね)

ほかにもたくさんエピソードはあるのですが、直近なこともあって5thライブの思い出は語ると尽きないのでこの辺で…。


一通りSSAを見たあと、続いての目的地である幕張に向かいました。
さいたま新都心駅から移動して南浦和で武蔵野線に乗り換え、南船橋で京葉線に乗り換えて海浜幕張へ。
ここの電車移動も約1時間。普段まったく見ない景色のルートを使ったのでより小旅行感ありました。
ホーム間違えそうになったりね!

幕張メッセではこの日、次世代ワールドホビーフェアが開かれていて、幕張イベントホール周辺は主に家族連れがたくさんいました。
DSC_1642.JPG
DSC_1647.JPG
この会場はファンミーティングツアーでライビュも行われた最大の会場でもあったんですが、今回旅行に組み込んだ理由は2012年10月に行われた電撃20周年イベント内の「DENGEKI MUSIC LIVE!!」の会場だったからです。

実はμ'sってこれだけ実績を残しながら、「フェス系で全員揃ってトリを飾った」のは私の知る限りではこのイベントしかないんです。
バンダイナムコアニメキャンプは裏で某探偵のライブがあってトリだけど7人でしたし、ランティス祭りはJAMや茅原さんなどがトリ、それ以外でもトップバッターはありますがトリはありません。
アニメ化直前のイベントでもあり、当時はRO-KYU-BU!とかのほうがμ'sより知名度圧倒的でしたし、知ってる人以外には知らないユニットだったのでトリを飾ったというのは見に行ったファンにとっても驚きでしたし、そのタイミングでその大役が来たμ'sのメンバーもすごい緊張したんじゃないかと思います。
何せ他のメンバーがこちらですから、この中でトリなんて…そりゃ緊張したでしょう。

その頃の感想なんかをネットで探して見ると今となっては…って感想がとても多いですが、仕方ないですね。
この会場では特にμ'sが初めていろんな位置のステージから登場したり、トロッコに乗ったりなどフォーメーションのパフォーマンス以外の演出が見れたことも収穫でしたね。
また、Wonderful Rushの衣裳だったのですがまだWonderful Rush自体は発売したばかりでダンスもおそらく練習できていなかったのでぼらららからもぎゅまでを演りました。
そんなわけで自分にとってわりと記憶に強いライブの会場だったので、今回の旅行でもぜひもう一度その記憶を蘇らせたくて、組み込みました。

このあと、天候と時間が許せば中野などにも行こうかと思ったのですが、雪の可能性もある日だったので、
秋葉原を経由して最終目的地の東京ドームに向かうことにしました。
というわけで、またも長くなりましたが、μ'sの足跡を辿る旅さいたま新都心、幕張編はこんな感じです。
もうちょっとだけ続きますがもし、良ければ次回をお待ちください。

>NEXT 「秋葉原、東京ドーム編」
posted by ウルツ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月11日

ウルツさん、μ'sの足跡を辿る。(横浜編)

昨年12月のはじめ、衝撃の告知がなされました。

μ'sのファイナルライブ。

いつか来るとわかっていながら、すぐには来ないと信じていたその言葉が私を含め多くの人に衝撃を与えました。

私がμ'sに出会ったのは…当時はまだμ'sという名前のつく前のラブライブ!という企画そのものが彼女たちの名前だった頃、そもそもPVと事故紹介と立ち絵しかなかった頃でした。
もともとシスプリやベビプリ、ストパニとG'sマガジン企画にわりと縁があった流れでスタートからラブライブ!を知り、YouTubeの再生数もまだ3桁のとき見たそのPVと「僕らのLIVE 君とのLIFE」という曲は私の心をつかみました。

それからしばらくして、初めての声優さんのイベントとなったPrintempsのゲーマーズイベント。
CDの予約をするときに引換券をもらう形式だったのですが、列も無く普通にもらうことができました。
今では考えられないですよね。
初めて彼女たちの生の歌を聴いたのはその場所でした。
舞台衣裳なんてない、100人前後の会場で、多分それぞれの私服で。

その後、1stライブからの足跡は多くの皆さんのご存知のとおり、彼女たちはとてつもない結果を残していきます。

そんな彼女たちとの出会いをふと思い返して一しきり泣い…まぁ号泣なんですけど…したあと
…そうだ、彼女たちと歩んできた6年間を振り返りたいな…と思い立ち、コミケなどがあり少しその思い付きからは時間が経ってしまいましたが、去る1/23、雪の予報もある中でしたが、一緒に歩んだ道を振り返る小旅行に出発しました。

ただの自己満足のための旅行でしたが、もし同じ気持ちを少しでも共有してくださる方が居ればと思い、ブログに残そうと思います。

各会場の立地上、順番に回るというのは無理でしたが、バッグに5枚のライブTシャツと5枚のライブタオルを詰めて早朝6時に家を出て電車に乗り、
絶対に最初はここにしようと決めていたのがこちら
DSC_1612.JPGDSC_1610.JPG
今は解体され、更地となっている「横浜BLITZ」です。
そう、伝説(あえてそう言わせてもらいます。)の始まりになった場所、μ's 1st Love Liveの会場です。
当時はまだキンブレも多分なくて、あっても電池式の単色で壊れやすいサイリューム、基本的にはパキっとやるサイリュームしかなかった頃で、物販では9色のイメージカラーサイリュームが売られていました。
凜ちゃんはターコイズブルーだったのでここで買わないと量販店などでは手に入らなかったですね。

それまでも今でも基本的に声優のキャラソン主体のライブというのはそこまで難しくない振り付けで歌うことが多く、当然当時は今のように声優アイドルユニットがほとんど居ません。確かスフィアとミルキィくらいかな…。
なので、ほとんどが本職が専任の声優やモデル、歌手のラブライブ!も幕が上がるまでは、動けるわけが無い、せいぜいぼらららを若干やるくらいかなぁ、あとは普通に歌ったりするのかなぁ、というのが大方の参加者の予想でした。
しかし、彼女たちはその予想を完全に覆します。
ナンバリング曲4曲以外にも全ての全員曲、ユニット曲で生の歌唱をしつつ激しいフォーメーションダンスをやりきったのです。
当時の詳細な感動はこちらのライターの中里キリさんの記事などをご覧いただければ詳細に伝わると思います。

衝撃でした。画期的な事件でした。時代が変わる瞬間だったと思います。

それでも当時はまだメンバーもこれから起きることに確信も自信もなかったんじゃないかと思います。
なにせ、前例がなく目標もわからない企画ですから。

このときはやはり高坂穂乃果を演じる新田さんの真摯さ、明るさがメンバー全体をまとめていたと思います。
そして、その横で南條さんが年長者としてみんなを支える姿、それまで見た南條さんからは想像できない「影のリーダー」がそこに居ました。

さて、この日の旅行の最大の目的はこのBLITZ跡地を目に入れることだったので達成してしまったのですが、ここからが結構長くなります。
良ければお付き合いください。

続いて、横浜BLITZから少々長い距離を歩いてたどり着いたのがこちら
DSC_1616.JPGDSC_1617.JPGDSC_1614.JPG
そう、μ'sが飛躍的なジャンプアップを遂げるトリガーになった3rdライブの会場、パシフィコ横浜国立大ホールです。
ファンミーテング横浜の会場でもありました。

この会場では初のライブビューイングが行われ、本当に多数の人にラブライブ!というもののコンセプトの中でも最大のファクター「二次元と三次元のシンクロ」が体感できたんじゃないかと思います。
1st、NYの完成度をさらに上回り、激しい楽曲も増えて彼女たちのパフォーマンスはさらにレベルアップしていました。
細かい内容については各所のライブレポートなどを参照いただきたいのですが、ここで私が一番驚いたのは三森さんや徳井さん、南條さん、Pileさんなどの普段どんなに感動しても舞台では感情を抑えて進行できる人たちが舞台で崩れたことでした。
それでも涙をなんとか堪えて笑顔を見せてくれた三森さん、「泣かないと思ったでしょ!」と自分の受ける印象とのギャップをネタにすることでファンとの距離を一気に縮めてくれたPileさん、こみ上げてしまった涙で言葉が出なくなりMCの途中でタオルを取りに行ったり最後の「僕らは今の中で」の合唱のときにも歌えなくなって俯いてしまった南條さん、MCのときには泣き崩れてしまった新田さんを支え気丈に進行し「アイドルは笑顔になることが仕事じゃない、笑顔にするのが仕事なの」という矢澤にこの言葉を体現したものの、南條さんと同じくラストでついに決壊してしまった徳井さん。
もちろん他のメンバーも涙を流していましたが、こんなに心をうつ涙はそうそう無いと思います。
いろんなレポがありますがここはあえて…あえて破壊力のやばい南條さんのブログを貼っておきますね(南條愛乃 今日もいい天気だよ。

私も終了後、友人たちに少し時間をもらって会場外で泣きました。
あんなわけのわからないところからスタートした企画が、こんなにもたくさんの人に喜ばれ、認知されたことへの感動があふれてしまったのです。

あとでいろんな場所で細かくμ'sのメンバーが零したりしていますが、ラブライブ!は特にライブにおいてメンバーが意見や希望を言うことが多い企画のようでそれが通ったり、通らなかったり、さまざまな葛藤や変化を経て、それぞれのイベントが完成しています。
メンツの個性が強いせいもあり、1stライブで南條さんが言っていた「いろいろあった」は本当に大変なことがあったんだろうと思います。
(個人的には内田さんや新田さんがトリガーになるいろいろが多かったんじゃないかなと…それも「いい方向に向かいたいがため」なのですが)
4th以降は会場の設備や完成度を上げる関係でそういった部分が「通る」ことが大幅に減ったようですが、3rdまでは本当に良い意味で学芸会のような空気がライブの中に織り込まれていたと感じています。

あと、
アニメの影響もあってだいぶ百合な空気が濃くなりました。ほんとうに。
百合作家視点ではこれも大変おいしゅうございましたね(*´﹃`*)

ちなみに、
DSC_1613.JPG
「のぞほのバラエティボックス」で海に向かってえみくすが「海の向こうにはお台場があるよ!」とかやってたあたりです。

さて、続いてはパシフィコ横浜を離れ、電車で「元町中華街」駅まで来ました。
ライブ会場ではないのですが、ここには5thシングル「Wonderful Rush」の発売記念イベントが行われた横浜ベイホールがあるのです。
私自身はこのイベントには参加できなかったのですが、足跡を辿るなら近いし寄ってみようという感じでした。
DSC_1621.JPGDSC_1622.JPG
駅からはわりと遠くて工業地帯のど真ん中にあるわりと異質な空気の場所でしたが、ここでイベントが行われたんだなぁとしばし感慨に浸りました。

「Wonderful Rush」は私の中で特に特別な曲の一つで、思い入れの強い「僕らのLIVE 君とのLIFE」を除けばμ'sの曲で一番好きですし、たぶんアニソン、ポップス、メタル全て含めた自分の好きな曲という括りでも確実にトップ3に入ります。他の候補がすぐ出てこないのでトップ3というか実質1位ですかね…。
さらにこの曲の「中の人」の衣裳も歴代のμ'sの衣裳の中でも一番好きなので、本当に思い入れがあります。
それを着てイベントのあとにニコ生でコントをしていたメンバーが本当に面白かったしかわいかったですねw

ああ、そうだ。ちなみに最初に行った横浜BLITZでは「魔界ウォーズ Live episode1 アサギの逆襲」というμ'sが声をあてたゲームの会社のイベントも2013年夏に行われ、そのときにもμ'sはWonderful Rushの衣裳で登場してくれました。
アニメと3rdライブのあとだったので、まさかこの衣裳を着てくれるとは思っておらず…過興奮になってしまいました。
イベントレポート リスアニ様
あとね、南條さんと久保さんがキャッキャしててほんとにかわいかったんですよ…(当時描いたイベントレポ


さて、旅行ですが、ベイホールを一通り見てこのあと次の目的地であるさいたま新都心に向かうため横浜駅を目指して歩き出したのですが、途中、看板に中華街の文字が見えたので寄り道したり
DSC_1624.JPG
そこから道に迷って
DSC_1633.JPG
某4人組が始球式してた球場に来てしまったりと、若干紆余曲折があり…それも行き当たりばったり旅行の楽しみですよねw
そんなこんなでやっとこさ横浜駅に辿りついて、高崎線直通湘南新宿ラインに乗りました。

少し長くなるので、続きはまた別の日に書こうと思います。
よければまた読んでください。

それでは次は「さいたま編、幕張編」にて…
posted by ウルツ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記